栄養と摂取に関する FAQ

  1. 「クレアピュア(Creapure®)」の一日当たりの摂取量は通常いくらでしょうか?
  2. 「クレアピュア(Creapure®)」を自分の好きなスポーツドリンクにまぜてもいいですか?
  3. 「クレアピュア(Creapure®)は水の中でも(性質が)安定していますか?
  4. 「クレアピュア(Creapure®)」を摂取すると、運動能力が上昇する他に、どのようなメリットがありますか?
  5. 「クレアピュア(Creapure®)」の摂取によるリスクはありませんか?AlzChem社は「クレアピュア(Creapure™)の安全性を動物実験や人体実験で立証しているのでしょうか?
  6. 中国製のクレアチンにはチオ尿素が含まれている、という噂を聞いたのですが。
  7. クレアチン製剤では、製品によって品質に違いはあるのでしょうか?
  8. クレアチンはコーヒーと一緒に飲んではいけないと聞きましたが、コーラやアイスティーなどはどうでしょう?
  9. トップアスリートにとり、クレアチンクレアチンを服用した後で、例えばオリンピック競技などのドーピングテストで問題となる危険はありますか?
  10. アスリートはクレアチンを服用することにより、運動能力を向上させることが出来ますか?
  11. アスリート向けの栄養補助剤で、他にもエネルギーを生み出すものはあるでしょうか?
  12. クレアチンはどのようにして身体機能を向上させるのでしょうか?
  13. クレアチンをグルコーゼやたんぱく質と同時に服用した場合、さらに有利な効果があるでしょうか??
  14. クレアチン・エステルのほうがクレアチン・モノハイドレートよりも効果が高いと聞きましたが。
  1. 「クレアピュア(Creapure®)」の一日当たりの摂取量は通常いくらでしょうか?

    1日当たり3gの「クレアピュア(Creapure®)」摂取が推奨されます。「クレアピュア(Creapure®)」は、水、フルーツジュース、温かい紅茶(溶解性を高めるため)などカフェインが入っていない飲料と一緒に摂られるべきです。また、「クレアピュア(Creapure®)」摂取時には充分な水分を摂ることを勧めます(1gの「クレアピュア(Creapure®)」当り100mlの水分)。
    top
  2. 「クレアピュア(Creapure®)」を自分の好きなスポーツドリンクにまぜてもいいですか?

    はい、大丈夫です。「クレアピュア(Creapure®)」は水、ジュースあるいは紅茶などに溶かしてお飲み頂けます。3gの「クレアピュア(Creapure®)」は室温の300mlの水に簡単に溶け、温かい紅茶の場合は200ml(1カップ)に良く溶けます。クレアチンは液体に溶かすとその効果が失われていきますので、クレアチンを溶かした飲料は速やかにお飲み下さい。
    top
  3. 「クレアピュア(Creapure®)は水の中でも(性質が)安定していますか?

    クレアチンは、比較的早くクレアチニンに分解されてしまうので、水溶液の中で安定している時間が限られています。分解速度はa)pH値(pH値が低いほど分解が速い)b)温度(温度が高いほど分解が速い)によって変わります。
    top
  4. 「クレアピュア(Creapure®)」を摂取すると、運動能力が上昇する他に、どのようなメリットがありますか?

    年配者の日常生活における体力と運動能力向上(健康に年を取る参照)、ギプスなどの固定による筋萎縮からの回復を加速(筋力回復参照)、精神的機能(メンタル・フィットネス参照)の改善、があります。またクレアチンには抗酸性の性質があり、神経にポジティブな影響を与えるというメリットもあります。
    top
  5. 「クレアピュア(Creapure®)」の摂取によるリスクはありませんか?AlzChem社は「クレアピュア(Creapure™)の安全性を動物実験や人体実験で立証しているのでしょうか?

    AlzChem社では「クレアピュア(Creapure®)」を服用した場合の安全性を確認するため、動物および人体を対象とした各種の臨床試験を支援してきました。昔から実行されている毒性検査とならんで、クレアチンは50以上の臨床試験で検査されています。あらゆる年齢層の人々が21ヶ月以上もの間、「クレアピュア(Creapure®)」をスポーツあるいは非スポーツ目的で服用し、望ましくない副作用が出ないことを立証しています。他のメーカーとは製法も違い、そのため製品の純正プロファイルも違うのです。このような安全性が立証されているのは「クレアピュア(Creapure®)だけです。
    top
  6. 中国製のクレアチンにはチオ尿素が含まれている、という噂を聞いたのですが。

    中国製のクレアチンの大半は非常に安価で、大量のチオ尿素が使用される特許製法(米国特許 6.326.513)で製造されています。そのため、クレアチンがチオ尿素によって汚染される著しいリスクが存在します。チオ尿素は服用した場合、健康に非常に有害で、発ガン性があるといわれています。化粧品での使用が禁止されている物質のリストにも含まれている物質です。中国製のクレアチンを化粧品に使用することは禁止されています。しかし、中国製のクレアチンを栄養補助剤として販売することは今日まで禁止されていません(消費者保護参照)。
    top
  7. クレアチン製剤では、製品によって品質に違いはあるのでしょうか?

    はい、品質には大きな違いがあります。市場では5%以上もの不純物が入ったクレアチン製剤も見つかっています。クレアチン・モノハイドレートの質は、製造環境と原料の取り扱い方によって決まります。劣悪な原材料の使用や不適切な浄化を行うと、ジシアンジアミド、クレアチニンやジヒドロトリアジンなどによる不純物の量が増えます。世界的に、栄養専門家は、特にクレアチン・モノハイドレート商品などの栄養補助剤に含まれる不純物による健康リスクに警鐘を鳴らしています。「クレアピュア(Creapure™)」の特性には、非常に厳しい条件を課しています。不純物の検査には、高圧液体クロマトグラフィー (HPLC)を用いています。(純度参照)
    top
  8. クレアチンはコーヒーと一緒に飲んではいけないと聞きましたが、コーラやアイスティーなどはどうでしょう?

    クレアチンと同時に大量のカフェインを服用することは避けてください。大量のカフェイン(例:コーヒー4杯以上)はクレアチンのエネルギーを生み出す効果を消してしまいます。これに対して、少量のカフェイン(コーヒー1、2杯程度)はクレアチンの効果に悪い影響を与えることはないようです。
    top
  9. トップアスリートにとり、クレアチンクレアチンを服用した後で、例えばオリンピック競技などのドーピングテストで問題となる危険はありますか?

    大丈夫です!IOC (国際オリンピック委員会)はクレアチンを食料品とみなしています。筋肉中のクレアチン含有量には限界があり、ある量までにしか引き上げることはできません。スポーツ選手は筋肉のクレアチンレベルを普通の食事(例えば肉や魚をたくさん食べる等)によっても向上させることができます。
    top
  10. アスリートはクレアチンを服用することにより、運動能力を向上させることが出来ますか?

    クレアチン・サプリメントの効果は、多数の研究によって調査されています。トップアスリートからほとんどトレーニングをしたことのない初心者まで、あらゆるトレーニングおよび体力状態の人々が対象になりました。クレアチンの服用により、短距離走、三段跳び、水泳、カヤック・ボート、パワースポーツやサイクリングといった多種多様のスポーツ種目においてその能力を向上させることができました。短期的なクレアチン補足投与は、たとえば最大筋力と持久力を5~15%、限界まで力を出し切るインターバル・トレーニングでは5~20%、短距離走のパワー上昇と発生量が約 30 %、トレーニングとして繰り返し行う短距離走では5~15 %といった能力向上につながりました。 クレアチンによるサプリメントは、ボディービルディング、重量挙げ、レスリング、ボート、サイクリング、マウンテンバイク、テニス、スキー、アメリカン・フットボール、サッカー、ラグビー、バスケットボール、アイスホッケー、バレーボール、ハンドボール、陸上競技(短距離走、砲丸投げ、槍投げ、円盤投げ)などのスポーツで普及しています。
    top
  11. アスリート向けの栄養補助剤で、他にもエネルギーを生み出すものはあるでしょうか?

    アスリートにとり、クレアチンはカフェインと並び、筋力(能力)増強効果のあることが科学的に立証されている唯一のサプリメントです。
    top
  12. クレアチンはどのようにして身体機能を向上させるのでしょうか?

    クレアチン・サプリメントによる能力向上効果には複数のメカニズムが寄与しています。ホスホクレアチン濃度が上昇すると、負荷をかけている最中のATP一時貯蔵が可能になます。クレアチンレベルが高ければ、ホスホクレアチンの回復率が負荷をかけている最中も、またその後も高くなり、負荷をかけている間の筋肉中のpH 値の低下が緩やかになる、耐えられるトレーニング負荷が高くなる、筋肉量(絶対的なパワー発生量)が増える、などの効果があります。
    top
  13. クレアチンをグルコーゼやたんぱく質と同時に服用した場合、さらに有利な効果があるでしょうか??

    細胞のクレアチン吸収は、クレアチンだけでなく、グルコーゼのような単純な炭水化物と一緒に摂取することによって改善されます。クレアチン吸収が改善されるのは、インシュリンによってクレアチン・トランスポーターが刺激されるからです。しかし、確実な吸収向上を達成するためには大量の炭水化物 (~100 グラム)、あるいは炭水化物 (50 g)とタンパク質(50 g)の組み合わせが必要です。 ただ、このような大量の炭水化物を摂取することは難しく、糖尿病の人やブドウ糖不耐性の人にとり危険な場合もあります。
    top
  14. クレアチン・エステルのほうがクレアチン・モノハイドレートよりも効果が高いと聞きましたが。

    クレアチン・エステルが能力を向上させることを裏付けた科学的な研究は存在しません。毒性に関する情報も存在しません。FDAは最近、クレアチン・エステルは要注意、と定義しています。このような商品の使用については、私たちも警告しております。 (クレアチンの種類参照)
    top